“細廻廊”の読み方と例文
読み方割合
ほそかいろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
顔色をかえて、蚕婆がぎょうさんにさわぎだしたので、塔のなかの宝物をかきまわしていた呂宋兵衛昌仙なにごとかとあわてふためいて、細廻廊の欄干へ立ちあらわれた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)