累難るいなん)” の例文
柴進のからだも日ごとに元の健康に復し、総統の晁蓋以下は、あらためて、彼にこの累難をかけた罪をふかく謝した。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)