“紫虚上人”の読み方と例文
読み方割合
しきょしょうにん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
前々から聞いていたことだが、錦屏山岩窟にひとりの道士がいるそうな。紫虚上人といわれ、よく占卜を修め、吉凶禍福の未来を問うに、掌をさすようによくあたるという。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)