“紛髪”の読み方と例文
読み方割合
もつれげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
クッキリと白いつきや、細々とした頸足へ、バラリもつれている紛髪や、手甲の先から洩れて見える、節靨のある指先や、そういうものから考えて見れば、若い女でなければならない。
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)