“紙質”の読み方と例文
読み方割合
ししつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
俊夫君はいつも手紙の封を切る前にまずその紙質、文字、消印などを検査しますが、この封筒には差出人の名が無かったので、非常に注意深く検査して、やがて小刀で封を開き
紅色ダイヤ (新字新仮名) / 小酒井不木(著)