“納戸奉行”の読み方と例文
読み方割合
なんどぶぎょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
相手は納戸奉行の長男で、渡辺幾久馬といった。彼は結婚するとまもなく、江戸詰の中小姓にあげられ、夫妻そろって城下を去った。
その木戸を通って (新字新仮名) / 山本周五郎(著)