“紋哉”の読み方と例文
読み方割合
もんや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
不破小四郎を取り囲んで、朽木三四郎、加島欽哉、山崎内膳、桃ノ井紋哉、四人の若武士が話しながら、こっちへ歩いて来るのであった。
血ぬられた懐刀 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
こう云いながら手を振ったのは、桃ノ井紋哉という若い武士であった。
血ぬられた懐刀 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)