“約之”の読み方と例文
読み方割合
やくし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此年乙未には蘭軒門人森枳園の家に冢子約之が生れた。渋江抽斎の家では嫡子恒善が既に十歳になつてゐて、此年第二子優善が生れた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
棭斎の識語のある此本は後枳園の子約之の手に帰し、今は浜野知三郎さんの庫中にある。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
此人の事は猶後に再記するであらう。森養真は枳園の子約之である。東席順に「御広間番格奥御医師無足森養真三十四」と云つてある。その天保六年生であつたことは既に記した。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)