“糧谷”の読み方と例文
読み方割合
かすや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主人の遺骸を引取りの使として、お留守居建部喜八、用人糧谷勘左衛門、小納戸田中貞四郎、中村清右衛門、磯貝十郎左衛門などの同僚たちは、もう鉄砲洲の藩邸を出て
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)