“糞放”の読み方と例文
読み方割合
くそったれ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
糞放め、罪もねえ者を無闇に牢の中へ放り込んで、金を呉れた盗人がふんまるまで、牢の中へ入れときやアがって面白くもねえ、本当に癪に障って堪らねえや
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)