“粟津陸奥之助”の読み方と例文
読み方割合
あはづむつのすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それを今書いて君にる。それから京都東本願寺家粟津陸奥之助と云ふものに、己の心血をいだ詩文稿が借してある。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)