“籠行灯”の読み方と例文
旧字:籠行燈
読み方割合
かごあんどん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黙って入ると、中には籠行灯いて、座蒲団が二つ、平次が来るのを待っていたような心憎い用意です。