“籃製”の読み方と例文
読み方割合
かごせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
母は机の下をき込む。西洋流の籃製屑籠が、足掛に見える。母はんで手をした。紺緞子の帯が、窓からさすをまともに受けた。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)