“箱淵”の読み方と例文
読み方割合
はこぶち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
妙義の奥の箱淵という所へ行くと、黒い淵の底から兄さんが出て来て、おれに逢いたければ明日ここへ尋ねて来て、淵にむかって大きな声でおれを呼べ、きっと姿を見せてやろうと云う。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)