算哲さんてつ)” の例文
あるいは奇妙な形をしたのように見えもするだろうし、また、故人降矢木算哲博士の神秘的な性格から推して、現在の異様な家族関係を考えると
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
つまり、その問題は四十余年の昔、かつて算哲が外遊した当時の秘事だったのです。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)