“箕作秋坪”の読み方と例文
読み方割合
みつくりしゅうへい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
迂老は故箕作秋坪氏と交際最も深かりしが、当時彼の写本を得て両人対坐、毎度繰返しては之を読み、右の一段に至れば共に感涙にびて無言に終るの常なりき。
蘭学事始再版之序 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
迂老は故箕作秋坪氏と交際最も深かりしが、当時の写本を得て両人対坐、毎度繰返しては之を読み、右の一段に至れば共に感涙にびて無言に終るの常なりき。
蘭学事始再版序 (新字旧仮名) / 福沢諭吉(著)
例えば文久二年欧行の船中で松木弘安箕作秋坪と私と三人、色々日本の時勢論を論じて、その時私が
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)