“箕作元八”の読み方と例文
読み方割合
みつくりげんぱち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
曙町の宅のお向いに箕作元八氏がいられましたが、夫人の光子様は小出氏のお弟子で、常磐会ではよく当選なさるのでした。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
曙町の住いの向いに箕作元八氏が住んでいられ、その夫人光子さんも小出氏のお弟子で、この方はよく入選なさるのでした。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)