“箒合戰”の読み方と例文
読み方割合
はうきがつせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二人とも跣足で庭へ飛び降りて築山の椿の箒合戰をした事などは度々です。何でもふざけてふざけて、ふざけ拔いて、草臥れるまではいつも止めないのですね。お時はいつでも
反古 (旧字旧仮名) / 小山内薫(著)