“筑波下”の読み方と例文
読み方割合
つくばおろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ピュウ/\と筑波下しが吹き、往来はすこし止りましたが、友之助はびしょの泥だらけ、元結ははじけて散乱髪、面部は耳の脇から血が流れ、ズル/\した姿で橋の欄干に取付き
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)