“筑波山下”の読み方と例文
読み方割合
つくばさんか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
筑波山下医師なる人に一通。東京銀座の書店主人に一通。水国の雪景色と、歳晩の雪の都会の浮世絵がの如く眼の前に浮ぶ。手紙を書き終えて、余は書き物をはじめた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)