“筑波屋”の読み方と例文
読み方割合
つくばや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「親分の身やお蝶のことで、何か耳に入れたらおれの宿まで知らして来てくんねえか。宿は例の音羽筑波屋だ。頼むぜ」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「少し道草をしてあとから追うから、先へ行って、音羽の筑波屋という定宿——おれの名をいやあ心得ているから、裏二階のいい座敷を取って待っていてくんな」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「この先の筑波屋という家の、裏二階に部屋を取っています」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)