“筑後守”の読み方と例文
読み方割合
ちくごのかみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
幕府の儒者筑後守新井白石にいいつけられて、聖書の洋語を拾って和訳することが、ここ数年、かれの仕事とされていました。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
し彼は蝦夷総督川尻筑後守と相謀り、カムサッカを襲い、直ちに露人立脚の地を奪わんと欲したるなり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
彦根よりする井伊掃部頭、名古屋よりする成瀬隼人之正、江戸よりする長崎奉行水野筑後守、老中間部下総守、林大学頭、監察岩瀬肥後守から、水戸の武田耕雲斎
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)