“筆役”の読み方と例文
読み方割合
ふでやく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十人の筆役(書記)を使って、毎日、新参の武士どもの氏素姓を名簿に書きあげていた兵事奉行の吉良貞義は
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)