“竪長”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たてなが100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“竪長”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
竪長たてながの三十坪ほどもあろうという、ぶちぬきの一室だったが、たてに二等分し、一方には白ペンキを盛んに使った卓子テーブルや書棚や、書類函や、それから手術台のようなもの、硝子戸ガラスどの入った薬品棚、標本棚
爬虫館事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)