“突堤”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うろこ25.0%
とってい25.0%
ジコテ25.0%
ジュッテエ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“突堤”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
潮くさき突堤うろこに沁むる夏西日音あわて落つるむつごろ影あり
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
夕焼には、夕焼にはの、白鷺がべにつける。白鷺が潟のそこりに足なづむ。簑毛風にそよいで。ハレヤ、霞の雲仙、島原は追風おひての一と潮、風さきの向う突堤うろこ三潴みづまばの、のうもし。
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
「ですけれど、司令、怪潜水艦は、もう間もなく、海底突堤とっていの傍に達しますよ」
二、〇〇〇年戦争 (新字新仮名) / 海野十三(著)
アルベエル・エドゥアールの突堤ジコテに続く棕櫚散歩道パルム・ビーチをおもむろに眺めるところ、行くさ来るさの市井雑爼は今日もまた寝巻的散歩服ジュップ・ピジャマの令嬢にあらざれば袖無寛衣ブルウズ・サン・マンシュ夫人おくさん
アンチーブの灯台の蒼白い光芒が、海の上を手さぐりはじめる。瞬間、突堤ジュッテエの腹を白く浮きあげ、よろめくように水平線の向うへ這いずってゆく。
墓地展望亭 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)