“空柩”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
からひつぎ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“空柩”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
銭形の平次、近江屋治兵衛、それに番頭が一人、鳶頭とびがしらが加わって橋場の寺へ駆け付け空柩からひつぎを葬った墓を見ると、巧みに誤魔化ごまかしてはありますが、発掘した形跡は疑うべくもありません。