“穴石”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あないし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「こんならもう穴石あないしはいくらでもある。それよりあのおっかあの云ったおかしなものを見てやろう。」タネリはにがにがわらいながらはだしでそのぬれた砂をふんで行きました。
サガレンと八月 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)