“秘園”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひえん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“秘園”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
秀吉がいま、温室の花として、三の丸の秘園ひえんにその育ちを待っている三人の姫もいた。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
とは思っているが、去年、北国攻めの凱旋がいせんと共につれ帰った——浅井長政のわすれがたみで、故信長の妹、お市の方のむすめ達三人を——秘園ひえんの花とで育てている。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)