“秋酣”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あきたけなは50.0%
しゅうかん50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“秋酣”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 絵画 > 日本画1.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
丸屋の嫁お雪を殺した下手人は、秋酣あきたけなはになつても見當が付きません。
秋酣しゅうかんの、折しも円らかなる月のさし出づるころで都にある夫を想いながら空の一角を仰いで月を見、これから砧を打とうというところの妻女を、肖像のような又仏像のような気持で描いて見たものです。
(新字新仮名) / 上村松園(著)