“祝謡”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いわいうた100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“祝謡”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
兵蔵の祝謡いわいうたに、家の内も近所もしいんとしていた。それだけに、突然、ぶしつけに垣の外で謡い取った男の声も目立った。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
祝謡いわいうたの一ふしを戦場鍛えのさびたのどで、精いっぱいうたいだした。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)