“祝膳”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いわいぜん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“祝膳”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 絵画 > 洋画6.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
昔の祝膳いわいぜんだけはそれでも並べて見るが、畳敷の洋館へ出た朱塗りの膳は、警察の小使部屋こづかいべやの正月を思わせる。