“磔台”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はりつけだい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“磔台”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と、英吉利のある広告学者は、提督の帽子のやうから、取つて附けたやうな講釈をしてゐる。このてあひは耶蘇が磔台はりつけだいあがつたのを、素敵な広告法だと思つてゐる仲間なのだ。