“真妄”の読み方と例文
読み方割合
しんもう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分で自分の意識現象を直覚する純粋経験の場合には真妄ということはないが、思惟には真妄の別があるともいえる。
善の研究 (新字新仮名) / 西田幾多郎(著)