“しんもう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
真妄50.0%
針毛50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分で自分の意識現象を直覚する純粋経験の場合には真妄ということはないが、思惟には真妄の別があるともいえる。
善の研究 (新字新仮名) / 西田幾多郎(著)
花弁の内側には白銀のように輝く針毛が生えしげり、雌蕋の太さは一抱えもあって、それを取りく黄金の雄蕋は海軍士官の肩章のようによじりもつれて茂っている。
物凄き人喰い花の怪 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)