“雄蕋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おしべ66.7%
ゆうずい16.7%
ゆうずゐ16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
萼片の柄の内側に一つの雄蕋があるから、つまり雄蕋は一花に三つあるわけだ。そしてその葯は白色で外方に向かって開裂し花粉を吐くのである。
カキツバタ一家言 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
此の六本の棒は雄蕋と云ふのだ。雄蕋はどの花にも必ずいくつかある。にほひあらせいとうにはそれが六本あつて、長い方の四本は対になつてゐて二本は短い。
雄蕋の林の底をさまよひぬ。
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)