“盛唐”の読み方と例文
読み方割合
せいとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かかる歌よみに蕪村派の俳句集か盛唐の詩集か読ませたく存候えども、りきったる歌よみどもは宗旨以外の書を読むことは承知致すまじく勧めるだけが野暮にや候べき。
歌よみに与ふる書 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
かかる歌よみに、蕪村派の俳句集か盛唐の詩集か読ませたく存候へども、りきつたる歌よみどもは、宗旨以外の書を読むことは、承知致すまじく、勧めるだけが野暮にや候べき。
歌よみに与ふる書 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
或人(同)曰く蕪村派の俳句集と盛唐の詩集とを並べたるは不倫と存候。云々。
人々に答ふ (新字旧仮名) / 正岡子規(著)