“白丁扮装”の読み方と例文
読み方割合
はくちょうでたち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、前後の屋台の間に、市女の姫の第五人目で、お珊が朗かな声を掛けた。背後に二人、朱の台傘をより高々と地摺の黒髪にさしかけたのは、白丁扮装駕寵人足。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)