“申砬”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しんりつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“申砬”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
これに対する朝鮮軍の行動であるが、日本軍出動の報が入ると、申砬しんりつ李鎰りいつの二人をして辺防の事をつかさどらしめた。
碧蹄館の戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)