“獺祭書屋俳話”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
だっさいしょおくはいわ50.0%
だつさいしよをくはいわ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“獺祭書屋俳話”を含む作品のジャンル比率
文学 > 文学 > 文学理論 作法1.0%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
後年『獺祭書屋俳話だっさいしょおくはいわ』として刊行されたものがこれである。
子規居士と余 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
中学時代。——「獺祭書屋俳話だつさいしよをくはいわ」や「子規随筆しきずゐひつ」などは読みたれど、句作はほとんどしたることなし。
わが俳諧修業 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)