“狭島:さじま” の例文
“狭島:さじま”を含む作品の著者(上位)作品数
泉鏡花1
“狭島:さじま”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その頂へ、あけ方の目を血走らして、大息をいてたたずんだのは、狭島さじまに宿れる鳥山廉平。
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
豪商狭島さじまの令室で、銑太郎には叔母に当る。
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)