“狡猾者”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こうかつもの66.7%
わるもの33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“狡猾者”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それから附いて廻って四五間参りますると、幅広の路次ろじがありまして、その裏にすまって居りまするのは上方かみがたの人でござりますが、此の人は長屋中でも狡猾者こうかつもの大慾張だいよくばりと云うくらいの人、此の上方者が家主いえぬしの処へ参りまして、
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
それで、北条の亡んだ後に、徳川氏が駿遠参の故土から、この関八州へ移封されたのだが、もともと租税の安いところであったから、徳川氏の方では非常に迷惑だったのだ。太閤という男は、なかなかの狡猾者こうかつもので、よくこの事情を承知しておりながら、いわゆる、その名を与えてその実を奪うの政策に出でたのだ。
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
小鳥とりの音を鳴く狡猾者わるもの
枯草 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)