“無筋”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すぢなき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“無筋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「もみ候事、上下衣服等もみ候ひて、人前出で難きほどのてい成り候はば水むやくたるべくの事、一度もみ候上は水同然に候間、其上はもみ候事無用の事、附、無筋すぢなき儀を申立てもみ候儀無用たるべき事」
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)