“烏爪”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
からすづめ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“烏爪”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
が——どうしても、腑に落ちない点が一つあった。疑問の烏爪からすづめの女は、花世のことばによると、この世に、四人あると言ったけれど、江漢が指を折ってみると、どうしても、五人になる——
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「この女、左の手を見ておくんなさい。——烏爪からすづめだ、あっしの妹のお半と同じだ。お半の小指の爪も、お鉄漿はぐろを染めたようにまっ黒なんで、奇妙な生れつきだと思っていたら、この女にも、同じ爪がある」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)