“潤滑油”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じゅんかつゆ66.7%
じゆんくわつゆ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“潤滑油”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
潤滑油じゅんかつゆ、のようですね」
幻化 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
「困りましたね。では、自転車に潤滑油じゅんかつゆをさしますね。ところが、ある人があって、油のかわりに水をさしてもいいのだと思いちがいをし、いくらほかの人がおしえても、考えをなおしません。そして油のかわりに自転車に水ばかりをさしています。すると、この自転車はどうなるでしょうか」
ふしぎ国探検 (新字新仮名) / 海野十三(著)
それはひどくビジネス・ライクではありませんが、洒落しやれ潤滑油じゆんくわつゆが入ると、掛合のテムポが早くなつて、案外要領よく運ぶのです。