“潤刪”の読み方と例文
読み方割合
じゆんさん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
而して其晩年の著述たる政記を完成せんことを欲して死する迄眼鏡を着けて潤刪に怠らざりき。彼が通議の内庭篇は実に死するにつ三日蓐を蹴て起ち草せし所なりき。
頼襄を論ず (新字旧仮名) / 山路愛山(著)