“粘滑油膩”の読み方と例文
読み方割合
ぬらぬらあぶら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先方の出す手が棘々満面の手だろうが粘滑油膩の手だろうがの生えた手だろうがの有る手だろうが、何様な手だろうが構わぬ
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)