温色おんしょく)” の例文
「姉さんの眼は妙な恰好の眼だね。」と言って、如何にもその女を憎悪するような顔付をしていた。平凡なおとなしいその京都の女は、温色を包んで伏目になって引き下がった。
漱石氏と私 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)