“温色”の読み方と例文
読み方割合
おんしょく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「姉さんの眼は妙な恰好の眼だね。」と言って、如何にもその女を憎悪するような顔付をしていた。平凡なおとなしいその京都の女は、温色を包んで伏目になって引き下がった。
漱石氏と私 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)