清秀きよひで)” の例文
荒木村重の片腕ともまれていた中川清秀は、突然城を出て信長へ帰伏してしまった。茨木城は開城されたのである。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)