“清七”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せいしち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“清七”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それは四谷の和泉屋という呉服屋の息子清七せいしちと、その手代の幾次郎で、この柏屋に泊まったのであるが、祭りは殆ど夜明かしで朝まで碌々眠られなかったので、夜が明けてから寝床にはいってひる過ぎに起きた。
半七捕物帳:68 二人女房 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)